人力エネルギー研究所

NPO法人 人力エネルギー研究所は、人力エネルギーを自然エネルギーの究極の形態とする理念のもとに、山梨県・富士河口湖町を拠点として、都会と地方をアートと科学技術でつなぐ活動を初めています。「人力」をキーワードとした「町づくり」を進め、「自分のエネルギーは自分でつくる」を究極の目標とした「人力発電村」を世界各地に構築することを目指しています。 人間のエネルギーを電気に変換し、音や光に変えて、アートを形づくる空間が「発電芸術館」です。

人力エネルギー研究所に関する記事

コンサート・オペラ「ドン・ジョヴァンニの夕べ」 11月9日(金) 河口湖円形ホールにて開催

NPO法人人力エネルギー研究所は、タップの足踏みによる人力発電のLEDで地獄の炎を演出する、新感覚のコンサート・オペラ 「ドン・ジョヴァンニの夕べ」を、11月9日(金)14:00 開演 河口湖円形ホール(富士河口湖町河口3030)にて開催します。

記事を読む

発電芸術館について - NPO法人 人力エネルギー研究所

人間のエネルギーを電気に変換し、音や光に変えて、アートを形づくる空間が、「発電芸術館」です。  2016年12月18日、東京・八丁堀の曾我辺靖子フラメンコスタジオ”エルマナス”で、フラメンコダンサーとのコラボによる「踊りを光に変換する」初めての試みが実現しました。

記事を読む
4 件

人力エネルギー研究所で人気のキーワード